« 製図仕上げ | トップページ | カンジキの加工 »

ミヨシの製作

ミヨシを作ります。
ミヨシ(水押)は海船の舳先についている材です。
2008051900

材料は曲がったカナアテを使用します。
2008051901
カナアテはヒバ(アスナロ)の一種で、非常に堅く耐久性に優れるため、氷見の木造船では要所要所で使用します。

いろいろな行程を経てこのような状態。
2008051902

ある程度加工したところで、チョウ(船底板)に合わせてミヨシの反りや取付角度を決めます。
2008051903_3

決まったらミヨシを入念に仕上げます。
2008051905
2008051906

仕上がった状態
2008051907

根元から見た状態
2008051908

仕上がったらチョウにホゾ穴をあけ、接着剤を塗布し、ボルトで固定します。
2008051909

ちなみにボルトにはアカ止め(船に入ってくる水のことをアカという)として、ヒワダ(檜皮)に接着剤を塗って巻き付けたうえで締め付けます。
200805190a

尚、昔は接着剤には漆などを使用していましたが、現在は木造船用の接着剤を使用しています。

|

« 製図仕上げ | トップページ | カンジキの加工 »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミヨシの製作:

« 製図仕上げ | トップページ | カンジキの加工 »