« 製材その後 | トップページ | ダイノセ »

チョウの製作

チョウ(船底の板、一般的にはシキと呼ばれる)を製作します。
2008051499

材料はボカスギを使用します。
ボカスギは非常に軽く、加工がしやすく、また海水を含むことで腐りにくくなるため、木造船にはよく使用します。
2008051403

ある程度まで加工したのちチョウナやマサカリ、カンナなどで仕上げます。
2008051405

電動工具も使用しますが、
『やはり手でやらないとスギの綺麗な肌がでない』
とのこと。
2008051406

仕上げた材に墨出しをし、中心線を決めます。
2008051411

最後に台の水平と作業場内の位置を決め、作業場の梁に固定します。
2008051413
チョウは全ての基準になるため、入念に水平を確認します。
また、完成まで簡単には移動できなくなるため、その後の全ての行程を想定した上で位置を決定します。

|

« 製材その後 | トップページ | ダイノセ »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョウの製作:

« 製材その後 | トップページ | ダイノセ »