« ハタの曲げつけ | トップページ | ハタ板固定 »

カンジキの製作

カンジキは船底の左右の板です。
カンシキと呼ぶ場合もあります。
2008061301

まずはカンジキがチョウに取り付くのと同じように型板をチョウにあてて、実寸と図面からカンジキの形状を決めて型板に描き込みます。
2008061302

次に型板をカンジキ用の材料にあてて、描き込んだ形状を材料に写します。
材料はボカスギを使用します。
2008061303

続いてカンジキの外側部分の基準となる寸法を数カ所決めて、その位置にシナイを通して外側の曲線を決めます。
2008061304

全てスミダシしたら外形を加工します。1枚の材で足りない分は別の材を接ぎ合わせます。
2008061305

今回の材はまだ充分に乾燥していなかったため、接ぎ合わせる前に乾燥させます。
2008061306

乾燥が終わったらアイバをスリます。
2008061307
アイバスリは時間をかけて入念に行われます。
2008061308
充分にアイバスリを行った接合部は、よく見ないと接ぎ合わせ場所がわからないほどです。
2008061309

アイバスリが終わったら接着面をキゴロシし、
2008061310

接着剤を塗布してカスガイで仮留めします。
2008061312

仮留めしたら縫い釘(接ぎ合わせ用のフナクギのこと)用にツバノミで下穴を開け、
2008061313

フナクギを打ち込みます。今回はヲトシという種類のフナクギを使用します。
2008061315

縫い釘は板に斜めに打ち込むため、釘が板を貫通しないよう事前に曲げておきます。
2008061314
当然下穴を開けるツバノミも湾曲しています。

釘が全て入ったら改めて型板をあてて外形を仕上げます。
その後表面を仕上げて、
2008061317

カンジキの完成です。
2008061318jpg

次回はカンジキとチョウの固定方法を解説します。


|

« ハタの曲げつけ | トップページ | ハタ板固定 »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンジキの製作:

« ハタの曲げつけ | トップページ | ハタ板固定 »