« 接ぎ合わせ | トップページ | カンジキの取付けからハタの加工まで »

チキリ

チキリは、材料に割れが入っている場合や、板を接ぎ合わせる場合に入れます。
今回はカナアテを使用します。
2008060220

チキリが割れないよう、面取り(角を取ること)を行います。
2008060221

スミダシをして
2008060224

スミに合わせてチキリの穴を彫ります。
2008060227

チキリの狭い部分はチキリよりも少し狭く削ります。
これによりチキリの効きがよくなります。
2008060228

穴の加工が終わったらチキリの側面をキゴロシします。
2008060230
※キゴロシ:木殺し 木を叩いて表面を潰すこと これにより締まりがよくなる

キゴロシしたチキリに接着剤を塗布し
2008060231

チキリを打ち込みます。
2008060232
チキリを打ち込む際には均等に力が加わるように、また金槌の痕が残らないように木を当てて打ち込みます。当て木には樫の木を使用しています。

最後に全体をカンナで仕上げて完了です。
2008060233

|

« 接ぎ合わせ | トップページ | カンジキの取付けからハタの加工まで »

木造船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チキリ:

« 接ぎ合わせ | トップページ | カンジキの取付けからハタの加工まで »