« ハタ板固定 | トップページ | フナバリ »

カンジキの固定

加工したカンジキチョウに固定します。
固定前にチョウの端をチョウナで斜めに削ります。
2008061601

ツカセを使って少しずつ曲げながら固定していきます。
2008061607

上下にバランス良くツカセを追加しながら、板に無理をかけずに曲げていきます。
油断するとツカセが外れて事故に繋がることや、力を加えすぎて板が裂けてしまう可能性があるため、慎重に時間をかけて行います。
2008061602

曲げながらも当たりが悪い部分を鋸で削ったり、アイバをスったりして、少しずつ曲げていきます。
2008061608

曲げが大きい部分やねじるように曲げる部分など、板に無理が掛かるような場所は、火で炙りながら曲げます。(火で炙る作業をヤキダメといいます)
2008061603
2008061604

曲げが終わったら基準となる位置の高さや幅を確認し、必要に応じてツカセを追加したり接合面を加工したりして調整します。
2008061610

その後またアイバをスリ、
2008061611

スってはまたツカセを調整し、精度をあげていきます。
2008061613

カンジキとトタテの部分もアイバをスリます。
2008061605

アイバスリの合間にも寸法や水平を確認し、
2008061620

ツカセを調整します。
2008061621

三次元に曲げた部分もピッタリなるまで、入念にアイバスリは行われます。
2008061614

アイバスリが終わったら接着剤を塗布し、
2008061622

カスガイで仮留めしたうえでフナクギを打ち込みます。
2008061623

フナクギは、カンジキの上面から斜めに入ってから少し角度を変えてチョウの中心付近にまっすぐ入れる必要があるため、フナクギをちょうどいい位置でちょうどいい角度に曲げておいて、ちょうどよく打ち込みます。
2008061625
2008061624

オモテ側は股の間から。
2008061615


クギが入ったら釘穴の埋木をして、
2008061616

余分な部分をチョウナで削ります。
2008061617_2

改めてカンジキの開き具合を確認し、
2008061618jpg

各ポイントのスミダシをして、シナイを使って外縁を決定します。
2008061619

『切る方向を間違えると曲げていた板が一気に裂けて割れる』とのことで、数段階に分けて外形を切っていきます。
2008061626

最後はハタを接合する為のノセ部分を加工して完了です。
2008061627

2008061628

|

« ハタ板固定 | トップページ | フナバリ »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンジキの固定:

« ハタ板固定 | トップページ | フナバリ »