« フナバリ | トップページ | 乗船体験会 »

マガリ

マガリを製作します。
マガリは船の肋骨のような補強材です。
200808142335

マガリの型をとります。
Dsc00002

型をスギ板に写します。
Dsc00004
マガリの材料は、なるべく曲がった材を使用します。
まっすぐな材を使用すると、木目に沿って割れやすくなるほか、材料の無駄も多くなってしまいます。

内側の曲線はサシガネを曲げて墨を引きます。
Dsc00019

外形を加工します。
Dsc00009

Dsc00022

船内側の形状をマガリに正確に写します。
スミサシをクチヒキと呼ばれる道具に取り付けます。
200806201965

クチヒキを船の内側に沿って移動します。
これにより船の形状通りに墨が引けます。
Dsc00011

水が通る穴の位置を決めます。
Dsc00012

同穴をあけます。
Dsc00015

墨に合わせてマガリを仕上げます。
Dsc00017

マガリは加工精度が悪いと効果が弱くなってしまうため、仕上げは入念に行われます。
Dsc00016

マガリの内側をソリガンナで加工します。
200806201972

側面も仕上げます。
Dsc00024

マガリを固定位置に合わせ、ドリルで下穴をあけ、マルノミ(刃が丸くなっているノミ)で座彫りをします。
Dsc00080

船体側も同様に座彫りします。
Dsc00079

200807162251

下穴にボルトを通します。
Dsc00082

ボルトにアカ止め(アカとは船に入ってくる水のこと)を施します。
まずコーキング材を塗布し、
Dsc00083

檜皮を巻きます。
200806272013

そのままボルトを打ち込み、
200806272014

余分な檜皮を切ります。
Dsc00086

その後ボルトを全て締めて完了です。
200806282054

|

« フナバリ | トップページ | 乗船体験会 »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マガリ:

« フナバリ | トップページ | 乗船体験会 »