« ハタの固定 | トップページ | マガリ »

フナバリ

フナバリを製作します。
フナバリは船の梁で、船の構造体であるほか、腰掛けやロープ留めの役割も果たします。
200808142335

材料はアテの木を使用します。
Dsc00001

ある程度加工したところで
Dsc00002

フナバリに合わせてハタに墨を出します。
Dsc00003

フナバリの木口を加工します。
Dsc00004

ハタも加工します。
Dsc00005

フナバリをハタに合わせて調整します。
Dsc00009

フナバリの表面を仕上げます。
Dsc00007

フナバリをハタに固定します。
Dsc00011

フナバリとハタを摺り合わせします。
Dsc00012

フナバリの木口に切り込みを入れます。
Dsc00016

切り込みにクサビを入れます。
このクサビでフナバリは抜けなくなります。
Dsc00018

クサビの余分な部分を切り取ります。
Dsc00020

フナバリの固定の完了です。
Dsc00021

同じくトモ(船尾側)にもフナバリを入れます。
Dsc00022

フナバリの作業の完了です。
Dsc06191961

|

« ハタの固定 | トップページ | マガリ »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フナバリ:

« ハタの固定 | トップページ | マガリ »