« カンヌキ | トップページ | レクチャー開催のお知らせ »

コビル

コビル(コベリ)の製作を行います。
コビルは船がぶつかった時のための防舷材です。
2008062100

材料はアテの木を使用します。
コビルは大きく曲げる必要があるため、充分乾燥させた材よりも、生の木を好んで使用します。
(乾燥した木を使う時には湿らせてから使うこともあります)
また、曲げが多い部分に無理がかからないよう、そして材料にムダがでないよう、あらかじめ曲がった材料を使用します。
200806131892

地元の山で木を確認し、切り出してもらった時の様子です。
200806211982

切り出したら数日中に製材もします。
200806231989

200806231990

製材したらそのままコビルとして加工します。

事前にフナバリをコビルの分だけ切り欠きます。
200806282029

スミダシをします。
200806282031

余分なカゲ(材料のミミの部分のこと)を切り落とします。
このように端を切り落とす作業をソバすると言います。
200806282017

角をマサカリで削ぎ落とし、
200806282034

カンナで仕上げます。
200806282040

ハタとミヨシによる角度を確認し、
Dsc00103

コビルに写します。
200806282042

ハタの角度も確認し、
Dsc00106

コビル端部の形状を決めます。
Dsc00108

コビルの端部を加工します。
やはり3次元的な加工は手作業になります。
200806282044

カンナで仕上げます。
200806282045

加工したものをオモテ側から順番に曲げながら仮留めしていきます。
Dsc00001

Dsc00002

Dsc00003

ミヨシとコビルを摺り合わせします。
Dsc00004

フナバリとコビルを摺り合わせします。
200806282026

曲がった部分から順に固定していきます。
Dsc00007

固定したらまた少しずつ曲げて仮留めしていきます。
Dsc00006

Dsc00010

固定します。
Dsc00015

同様に反対側も固定します。
200806282053

固定が終わったら上端を削ってハタと揃えて完了です。
Dsc00016

|

« カンヌキ | トップページ | レクチャー開催のお知らせ »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コビル:

« カンヌキ | トップページ | レクチャー開催のお知らせ »