« 裏仕上げ | トップページ | ナメイタ »

ザイタ

天馬船の床に敷く板をザイタといいます。
ザイタは船内での作業性向上(足場の安定)のために敷きます。
大きい船の場合は、ザイタの下に魚を入れて、魚が作業の邪魔にならないようにすることもあります。
Zaita

船の内寸と形状を正確に測定し
00013

スギ板を加工します。
00014

なるべく船を軽くするために、今回は8分厚の板を使用します。

船の形状は直線ではないため、船に合わせながら加工します。
00016

ザイタを保持するための部材は痛みやすい為、取り外し可能な構造にします。
00022

マガリの部分には高さを調整する部材を固定します。
200807072158

200807072157

ザイタにはV字の模様を書きます。
これによりザイタの前後位置がわかりやすくなります。
番号を振ることもあります。
00047

ザイタを敷いた状態です。
00049

|

« 裏仕上げ | トップページ | ナメイタ »

伝馬船」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザイタ:

« 裏仕上げ | トップページ | ナメイタ »