« ハタ加工終了 | トップページ | ダイノセ前日 »

3艘目に突入

すっかり更新が遅れてしまいましたが、2艘目の伝馬船(天馬船)はほぼ完成しました。
20090209

今週から新しい伝馬船の製作に入っています。
20090209001

新しい伝馬船は、一般のお客様からのご依頼で、サイズはかなり小さめになっています。
形状も、前2艘は幅が広いタイプ(氷見市で一般的な形状)だったのに対し、今回は幅が狭くシャープで速度が出るタイプ(能登半島各地でよく見られる形状)になります。
全国的には後者に近い形状のほうが一般的なようです。
これは、氷見市の漁場が全国的に見てもとても恵まれた環境であることと関係しているのではないかと思いますが、実際のところはまだ調査中です。
(氷見市の漁場は陸から比較的近く、漁獲高も多いため、速度が出る船よりは、船が安定して作業がしやすく、魚を積める量も多い現在の形状が好まれたのではないかと考えています)

船の形状は地域や用途によって少しずつ異なりますが、写真などの資料があればある程度の再現はできますので、ご興味のある方は是非一度ご相談ください。

|

« ハタ加工終了 | トップページ | ダイノセ前日 »

木造船」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3艘目に突入:

« ハタ加工終了 | トップページ | ダイノセ前日 »